【沖縄】那覇から行ける!一人でも楽しめたおすすめスポット3選

「一人旅で那覇に行くけど、何をしたらいいかわからない……」

「那覇周辺で、一人でも楽しめるスポットってあるのかな?」

一人旅に慣れていないと、不安に思うかもしれませんね。でも沖縄の一人旅は、家族や友達と行くのとはまた違った楽しみがあります。

この記事では、私が一人旅で那覇に滞在したときに訪れた、おすすめのスポットを紹介します。

実際に一人で行っても楽しいと感じた場所をピックアップしているので、ぜひ参考にしてください。

国際通り

沖縄の定番観光スポットと言っても過言ではないでしょう。一人で行くのは初めてでしたが、2時間ほどふらっと街歩きして楽しめました。

沖縄土産を調達するなら間違いなし

お土産屋さんが各所にあったので、国際通りに行けば欲しいお土産は一通りそろうと思います。参考までに、私が入ったお土産屋さんも紹介しますね。

お土産にお菓子を購入するなら、個人的には「御菓子御殿」がおすすめです。建物のインパクトに惹かれて入ってみたのですが、一人用の小さいサイズから大容量のものまで、さまざまな種類と大きさのお土産がそろっていました。

ばらまき土産を買うなら、「琉球MARKET」もいいかもしれません。お菓子はもちろん、手のひらサイズのビンに入った泡盛や、女性に嬉しいパックなども売っていました。

食べ歩きも楽しめる

国際通りにはステーキ屋さんが複数あったので、がっつり食べたい方はステーキ屋さんに入ってみるのもよさそうです。

私はご飯もデザートも食べたかったので、少しだけ食べ歩きをしました。昼食に訪れたのが、「できたて、片手のごちそう」をコンセプトに掲げたおにぎり専門店。その名も「ポーたま」。

SPAMとたまご焼きを挟んだおにぎりで、沖縄のソウルフードだそうです。私は、SPAMとたまご焼きに加えて、ゴーヤの天ぷらを挟んだ豪華なポーたまをいただきました。

こんなにボリュームたっぷりのおにぎりは初めて食べたかも。たまごも天ぷらもできたてで、すごく美味しかったです。

平日の13時過ぎに行きましたが、店頭には4組ほどお客さんが並んでいました。ピークの時間帯だと、もっと並んでいるかもしれませんね。

その後はデザートに「Fontana Gelato」のジェラートを食べに行きました。沖縄のアイスクリーム屋さんといえば「BLUE SEAL」が定番のようですが、Fontana Gelatoも美味しいと教えてもらったので。

なんと、ゴーヤのジェラートがありました。期間限定メニューとのことだったので、行く時期によっては食べられるかもしれません。

シークヮーサーとパイナップルのジェラートをベースに、細かく刻んだゴーヤが混ぜ込んでありました。

苦みはあるもののほんのりで、グレープフルーツのイメージに近いかも。柑橘系のさわやかなジェラートでした。

国際通りはほかにもたくさんお店があって、ウインドウショッピングをしても楽しそうでした。ぜひ行ってみてくださいね。

国際通りの詳細

波上宮(なみのうえぐう)

那覇にある唯一のビーチである「波の上ビーチ」から徒歩で行けるパワースポットです。写真で見て感じられる通り、沖縄感が満載!

両脇にシーサーがいるのも、沖縄ならではですね。15分ほど歩きますが、モノレールの県庁前駅から徒歩でもアクセスできますよ。

波上宮の詳細

ガンガラーの谷

自然の神秘や迫力、そして人類の歴史を感じられる、90分のツアーです。20人ほどのグループに、ガイドさんが1人ついて解説してくださいます。

「谷」と名前がついているものの、見学するのは谷だけではありません。鍾乳洞でできた洞窟を通ったり、見晴らしのよいテラスから街を眺めたり。

樹齢150年の巨大なガジュマルの木からは、自然のエネルギーをたっぷりと感じられます。ツアーが終わった後は、なんだかパワーを受け取った気がして、私も頑張ろう!と前向きな気持ちになれました。

ガンガラーの谷へは、那覇バスターミナルから直通の路線バスが出ています。本数が限られているので、行きと帰りのバスをチェックしてからツアーの時間を決めるとよいかもしれません。

「ガンガラーの谷」ツアーを予約する

那覇周辺で一人旅を楽しもう

那覇市内はモノレールやバスが充実しているので、車がなくても観光を楽しめます。(ガンガラーの谷は時間を選ばないと少し不便かもしれません)

今回紹介したスポットは、どこも実際に一人で行ってみて楽しかったところばかり。どこに行こうか迷っている方は、ぜひ真似して訪れてみてくださいね。

合わせて読みたい:【沖縄】体験ダイビングは一人でも楽しめる?実際にやってみた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました