【日光】冬のドライブデート!実際に行ったモデルコースを紹介

「日光へのドライブデート、どんなコースを組めばいいんだろう?」

「日光にドライブしようと思っているんだけど、デートで行っても楽しめるのかな」

初めて日光に行く方は不安もあるかもしれませんが、日光はカップルにぜひおすすめしたいドライブスポットです。

この記事では、20代後半カップルの私たちが実際に行って楽しめたコースやスポットを紹介しています。

観光やグルメ、ホテルなど余すことなくお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

1泊2日でのんびり日光を楽しむドライブコース

関東在住の方におすすめな、1泊2日の日光ドライブプランを紹介します。

1日目:茨城から日光へ

今回は、私の地元である茨城スタート。10時ごろに家を出て、ホテルに着いたのが17時くらい。

ドライブを楽しみつつメインの観光スポットは押さえて、詰め込みすぎず退屈することもなく、今回も最高のプランでした!自信をもっておすすめします。

やまじょう手打ちそば店

まずやってきたのがおそば屋さん。ご夫婦で営まれているようで、店内には実家のようなほっこりとした空気が流れていました。めちゃくちゃ居心地いい。

メニューはうどんとそば、それからどんぶりとのセットで定食みたいなものもありました。

私は山菜そばを注文。麺の太さがちょっと不揃いなのが、手打ち感あってすごく好きでした。

やや味が濃いめのお出汁もすごく美味しかったです。外が寒かったので、温かいおそばが沁みました。

やまじょう手打ちそば店の詳細

鬼怒楯岩大吊橋

昼食を済ませて向かったのは、おそば屋さんの斜め向かいくらいにある大きな吊り橋です。紅葉の時期はすごくきれいらしく、とってもにぎわうのだとか。

この日はシーズンオフかつ平日だったこともあり、人はまばらでした。ゆっくり楽しめたのがよかったです。

吊り橋から見える景色は大自然が広がっていて、空気もきれいで癒されました。

吊り橋を渡った先には邪鬼巡りの鬼が。例にならって、邪鬼払いでお賽銭を置かせてもらいました。

さらに奥には「展望台」の文字が。眺めのいい場所が大好きな私たちなので、上らない選択肢はありません。曇り空でしたが、冬らしい景色が楽しめました。

鬼怒楯岩大吊橋の詳細

日光東照宮

続いては日光の定番スポット、日光東照宮へ。こちらも平日だったので人は多くなく、ゆったり観光できました。

拝観料を払って中に入ると、なんだかひたすら階段を上ることに。もうこの日は坂道やら階段やらで、軽く運動部のトレーニングみたいでした。日頃の運動不足を思い知らされますね……

そして毎回こういうところに来ると「歴史勉強しておけばもっと楽しめたんだろうなー」と思います。が、歴史はわからなくても楽しめたのでよし。

階段を上った先には「叶杉(かなうすぎ)」と呼ばれている、樹齢600年の杉の木がありました。

名前の通り、お願いごとをすると叶うと言われているのだそう。叶杉を目指して来ている人も多かったようで、平日にもかかわらず少し列ができていました。

無事お参りできたので、次の目的地へと向かいます。

日光東照宮の詳細

いちごの里カフェ日光店

栃木といえばいちご!カフェタイムはいちごの里カフェで過ごすことにしました。外観からかわいらしくてめちゃくちゃテンション上がったので、甘いもの好きな方はぜひ。

店内の写真は撮りませんでしたが、席同士の間隔が広くて落ち着く空間でした。メルヘンすぎずおしゃれすぎず、ほどよい感じなのでデートでも立ち寄りやすいかも。

さてさて肝心のスイーツです。私はいちごをふんだんに使ったタルトを、彼はお店の名物であるボリューム満点のパンケーキを注文しました。

大粒のいちごがキラキラしていてとっても美味しそう……!一口食べると甘酸っぱさが口中に広がって、タルトのカスタードクリームと相まって本当に美味しかった!!セットで頼んだカフェラテとの相性も抜群。最高でしかない。

パンケーキは想像以上のボリュームで、甘いもの好きには幸せでしかないプレートですね。ただ、1人で食べるならお昼ご飯は控えてから行ったほうがいいかもしれません。

そしてできればシェアして食べることをおすすめします。こちらもいちごをたっぷりと使っていて、「これぞいちごカフェ!!」って感じでした、よき!お腹も心も満たされて、お宿へと向かいます。

いちごの里カフェ日光店の詳細

リブマックスリゾート川治

今回の旅でお世話になったお宿は、和モダンなお部屋のホテル。部屋に露天風呂付きで、1人あたりなんと1泊7,000円台。破格すぎんか。

夕飯は外で食べて、朝食のみついたプランにしました。ベッドがおそらくセミダブルくらいある広さのツインだったので、すごく広々としていました。

お部屋の露天風呂でお酒を飲みながら、ぬるめのお湯にゆっくりつかってポカポカ温まりました。

お風呂ってまじめな話もシリアスになりすぎずに話せるからいいよね。すごくいい時間を過ごさせてもらいました。

リブマックスリゾート川治の詳細

2日目:日光から羽田空港へ

2日目はホテルを出て空港に直行です。休憩を挟みつつ、なんだかんだで高速を使っても4時間ほどかかりました。

都心に出てからは少し渋滞もあったので、時間には余裕をもって出ること、飛行機は昼以降の便にすることをおすすめします。

1泊2日の日光ドライブは予算約3万円

今回の旅は、関東在住の場合でざっくり3万円ほどかかりました。1泊2日の旅としては、そこそこリーズナブルなプランだと思います。

宿泊先は当初ビジネスホテルを予約していましたが、露天風呂付きのホテルにして正解でした。

ビジネスホテルに1人あたりプラス3,000円ほど払えば泊まれるので、せっかくデートで泊まるなら、お風呂の時間も一緒に過ごせるほうがいいなと個人的には感じました。

ただ、高速を使わず下道で移動したり、ホテルのランクを下げたりすることでもう少し予算は抑えられます。

一緒に過ごしたいけれど、できれば予算は下げたい……!とのことであれば、2万円台でも実現できるかもしれません。

冬の日光で素敵なドライブデートを

冬の日光はおそらく初めてでしたが、ドライブだったので寒さが堪えることも少なく、快適に楽しく過ごせました。

今回は定番スポットを中心にしたコースの紹介だったので、初めて日光に行く方にはとくにおすすめです。食事や宿泊先は予算に応じてカスタマイズしながら、ぜひ冬の日光を楽しんでくださいね。

レンタカーを予約する

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました