【2021年】日本を巡る! 国内旅行のおすすめスポット5選

アイキャッチ

「国内旅行に行きたいけど、人気の旅行先ってどこなんだろう…?」とお考えのあなたにお伝えしたい内容です。日本には、魅力的な旅行先が満載です。

今回は旅行好きWebライターのふぁるまが、国内旅行に人気のスポットを厳選しました。この記事を読めば、今まで行ったことのない旅行先に出会えるかもしれません。

ぜひ最後まで読んで、素敵な旅の計画を立ててみてくださいね。

【沖縄県】沖縄本島

沖縄県

まず紹介するのが言わずと知れた観光地、沖縄県。春夏秋冬いつ行っても楽しめるのが人気の理由です。

観光スポットが散りばめられているので、限られた日程で全てを回るのは難しいかもしれません。でも、行き先さえ決めておけば1泊2日からでも十分に楽しめますよ。

沖縄本島のおすすめ観光スポットはここ!

沖縄に行くならぜひ行ってほしい、定番の観光スポットを紹介します。初めて沖縄に旅行に行くなら絶対に訪れていただきたい場所です。

首里城公園

首里城

まず紹介するのが、沖縄のシンボル的存在でもある首里城公園です。約450年間続いた琉球王国の歴史を物語る、数々の史跡が残る文化財です。

2019年10月の火災により首里城正殿は消失してしまいましたが、2020年6月からは地下遺構の一般公開が始まっています。そして2026年の完成に向けて、正殿は現在再建中です。

毎年11月には敷地内で「首里城祭」と呼ばれるイベントが開催されていて、琉球文化を体験できます。

【アクセス】首里城公園へのアクセスはこちら

美ら海水族館

美ら海水族館

沖縄の美ら海水族館は、世界最大級の水槽を持つ水族館です。珊瑚の浅瀬から深海まで、沖縄の海の様子がリアルに再現されていて、初めて訪れる方にもリピーターの方にも大人気の観光スポットになっています。

美ら海水族館がある沖縄海洋博公園内には、無料でイルカショーを見られるコーナーやウミガメ館、沖縄の文化を知れる「おきなわ郷土村」など見どころ盛りだくさん。敷地内で1日中楽しめるほどなので、時間には余裕をもって訪れましょう。

【アクセス】美ら海水族館へのアクセスはこちら

国際通り

国際通り

那覇市の中心部に位置する、約1.6kmの繁華街。沖縄テイストを存分に感じられる飲食店やお土産屋さんが立ち並ぶ、沖縄の玄関口ともいえるスポットです。

戦後にいち早く復興を遂げたことから、「奇跡の1マイル」とも呼ばれるこの通りは、朝早くから夜遅くまで活気にあふれています。通りごとに違った顔を持っているので、飽きることなく楽しめますよ。

【アクセス】ゆいレール「県庁前駅」徒歩5分

なお、沖縄旅行にかかる費用について詳しく知りたい方は、「沖縄旅行の平均費用は?時期・宿泊日数・人数ごとの予算を徹底比較!」も合わせてご覧ください。

【北海道】函館

広大な敷地を持つ北海道は、エリアを決めて観光するのがおすすめです。今回は主要エリアの中から、函館をピックアップしてみました。

函館のおすすめ観光スポットはここ!

函館に行ったことがない方でも、一度は耳にしたり写真で見たりしたことがあるようなスポットを選びました。百聞は一見に如かずなので、ぜひ実際に足を運んでみてくださいね。 

函館山

函館山夜景

函館山と言われて多くの人が思い浮かべるのが、美しい夜景でしょう。世界三大夜景にも登録されていて、カップルにも大人気の観光スポットです。

「100万ドルの夜景」の名にふさわしく、その美しさは感動もの。頂上までは市電やバス、ロープウェイでアクセスできるので、車が運転できなくても困ることはありません。

夜景もさることながら、頂上から見られる夕焼けも見事です。日が暮れる前に登って、空の色が移ろう様子をゆっくりと眺める時間も、ロマンティックで素敵ですよ。

【アクセス】函館山へのアクセスはこちら

五稜郭

五稜郭 冬

函館の有名スポット2つ目は五稜郭です。 上から見ると星形になっている写真のような地形は全国でも珍しく、函館の五稜郭と長野県の龍岡城の2ヶ所のみ。

戊辰戦争最後の戦場である箱館戦争の舞台になった場所で、星形の城郭は特別史跡に登録されています。園内には1,600本もの桜が植えられていて、4月下旬から5月上旬には華やかな景色が楽しめます。

園内の散策はもちろんのこと、五稜郭タワーの展望台から見下ろす五稜郭も圧巻です。特に冬の夜は、真っ白な雪の中にライトアップされた五稜郭が、幻想的で美しい風景を作り上げてくれますよ。

【アクセス】五稜郭タワーへのアクセスはこちら

函館ハリストス正教会

ハリストス正教会

ハリストス教会は、国の重要文化財にも指定されている教会です。駐日ロシア帝国領事館付属聖堂として、1860年に誕生した日本で最初の正教会聖堂ですが、大火により焼失。現在のハリストス教会は、1916年に再建されたものです。

異国情緒漂う、函館の歴史的建造物。ぜひ実際に訪れて、その歴史を生で感じてみたいですね。

【アクセス】ハリストス正教会へのアクセスはこちら

【鹿児島県】鹿児島市内・霧島

鹿児島

写真協力:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

見どころ満載の鹿児島県も、全てのエリアを見て周るならまとまった日数が必要です。今回は鹿児島県の中心部、鹿児島市内周辺のおすすめ観光スポットをご紹介します。

鹿児島市内・霧島のお勧め観光スポットはここ!

鹿児島市内・霧島エリアから、代表的な観光地をピックアップしました。どれも鹿児島旅行に行くなら外せないスポットなので、ぜひ最後までご覧ください。 

桜島

桜島

鹿児島のシンボルとして親しまれている桜島。標高1,117mの活火山が今も活発に噴火を続けています。鹿児島市内からわずか4kmの位置にあり、フェリーで15分ほどとアクセスも良好です。

 春夏秋冬、四季折々の景色が楽しめる絶景スポットで、露天風呂や足湯などのリラックスできる施設も充実しています。夕暮れ時、オレンジ色に染まった山は特に美しいのでおすすめです。

【アクセス】桜島へのアクセスはこちら

天文館

天文館

鹿児島市内でショッピングやグルメを楽しむなら、百貨店から居酒屋までさまざまなお店が充実している天文館がおすすめです。約2kmにも及ぶアーチ型のアーケードは、南九州一の人気スポットとして知られています。

鹿児島の郷土料理に舌鼓を打ったり、焼酎など鹿児島ならではのお土産を購入したりと楽しみ方はいろいろ。中でも有名な「天文館むじゃき」のかき氷は絶品なので、ぜひ立ち寄ってくださいね。

【アクセス】天文館へのアクセスはこちら

霧島神宮

霧島神宮

霧島神宮は瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が祀られている神社で、霧島七不思議の伝説があるパワースポットとしても有名です。鮮やかな朱色の社殿からは荘厳な雰囲気を感じられます。

境内は四季折々の花や紅葉の名所としても知られているので、お参りをしながら季節の花々を楽しんでみてくださいね。

【アクセス】霧島神宮へのアクセスはこちら

【富山県】

富山県

富山県は、豊かな自然を生かした観光スポットが目白押しです。北陸新幹線が開業してからはアクセスも便利になり、富山県の魅力が広く知られるようになりました。今回は初めて旅行に行く方に向けて、定番の観光スポットを選びました。

富山県のおすすめ観光スポットはここ!

富山県の魅力は、なんといってもその美しい自然です。忙しい毎日から少し離れて、綺麗な景色に癒される旅がしたい、という方にはぴったりの旅行先です。特に人気の観光地を厳選したのでご覧ください。

黒部ダム

黒部ダム

昭和38年に完成した、日本最大級のアーチ式ダムです。夏から秋にかけて観光放水が行われていて、水煙を上げて水が流れ落ちる様は迫力満点です。

晴れた日には放水に虹がかかることもあり、 美しい眺めは観光客に人気があります。人口の黒部湖には遊覧船も出ているので、船からの景色も楽しんでみてください。

【アクセス】黒部ダムへのアクセスはこちら

黒部峡谷トロッコ電車

黒部峡谷鉄道

 日本一深いV字峡の中を、全長20.1kmに渡って走るトロッコ列車が人気です。普通客車には窓がなく、風を感じながら自然と一体になれる時間は格別。約1時間半の電車旅で大自然を満喫できます。

途中駅には温泉が数多く点在しているので、途中下車して温泉を楽しむことも可能。心おもむくままに富山の自然を楽しみましょう。

【アクセス】黒部峡谷トロッコ電車へのアクセスはこちら

海王丸パーク

海王丸パーク

 最後に紹介するのは、純白の帆船「海王丸」をシンボルにした湾岸公園です。商船学校の練習船をして誕生した海王丸は、59年間でなんと地球約50周分もの距離を航海しました。

敷地内には現役当時のままの海王丸が公開されていて、実際に中を見学できます。そのほかアスレチックや野鳥と触れ合える場所などがあり、家族や友達、カップルなど誰と行っても楽しめる公園です。

【アクセス】海王丸パークへのアクセスはこちら

【福岡県】

福岡県

写真提供:福岡市

福岡県は、九州地方で最も人口が多い県です。交通網が発展しているので本州からのアクセスもしやすく、観光スポットも公共交通機関を利用して周れます。

魅力あふれる福岡の観光スポットをご紹介します。

福岡県のおすすめ観光スポットはここ!

都市部の観光も大自然も両方楽しめるのが福岡の魅力。歴史を学ぶもよし、グルメを楽しむもよし、自然に癒されるもよしと、さまざまな楽しみ方ができますよ。

今回は定番スポットを選んだので、まだ福岡に行ったことがない方はぜひ参考にしてくださいね。

太宰府天満宮

太宰府天満宮

 太宰府天満宮は全国の天満宮の総本宮とされていて、学問の神様で有名な菅原道真公が祀られています。境内には、軍師官兵衛が晩年を過ごした「如水社」や、幕末に商人から寄付された「麒麟像」などがあり、歴史好きには必見のスポットです。

鳥居の前には、スターバックスのコンセプトストアも。建築家・隈研吾氏が設計したデザインで、木のぬくもりを感じながら楽しむコーヒーは格別です。

【アクセス】太宰府天満宮へのアクセスはこちら

糸島

糸島

福岡の中心部から30分ほど車を走らせると、豊かな自然が広がる糸島に到着です。海岸沿いには地元の食材を使用したレストランやカフェが立ち並び、ドライブにぴったり。

見どころは写真にもある桜井二見ヶ浦の夫婦岩。夏至の時期に2つの岩の間に沈む夕日は特に美しく、県指定の名勝地にもなっているんですよ。

【アクセス】糸島へのアクセスはこちら

門司港レトロ

門司港レトロ

最後に紹介するのは「門司港レトロ」は、JR門司港駅をはじめとする観光エリアです。 外国貿易で栄えた大正・昭和時代の建物が立ち並ぶ、クラシカルな雰囲気が魅力。

異国情緒あふれる街並みは散策するだけでも楽しめますが、特におすすめなのが「門司港レトロクルーズ」です。クルーズ船から眺める夜景はとても美しく、カップルで旅行に行くならぜひプランに組み込んでみてくださいね。

【アクセス】門司港レトロへのアクセスはこちら

まとめ:魅力満載の日本で国内旅行を楽しもう!

まとめ

今回は、国内旅行におすすめの旅行先を紹介しました。それぞれのエリアで定番の観光スポットを選んでいるので、特に初めて行く方は参考にしてください。

日本国内には、魅力的な場所がたくさんあります。季節によって見られる景色も楽しみ方も変わるので、ぜひ四季の移ろいを味わいながら旅をしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました